るのっぷ カメラblog

キャノン 6Dでゴドックスのストロボを使って趣味でポートレートを撮影しているカメラマンのブログ。

平社員が趣味でポートレートをしていたら、働いていた大企業でカメラマンを任された話

どうも、るのあです。

 

趣味でポートレートを撮影していて、会社でもカメラ大好きオーラを出しています。

時には自分の作品を職場の人に見せてたりもします。

なぜなら自分の撮った写真が大好きだから('ω')

 

そんなカメラバカの平社員の僕が、当時働いていた大企業のお偉いさんに呼ばれ、その会社のカメラマンを任された話をします。

 

カメラやっていると人生変わるかも?

 

当時働いていた会社

世間でいう「東証一部上場企業」で働いていました。

自動車関係の会社で社員は数千人いて、ほぼ全ての自動車メーカーを顧客とし、かなりの大企業。

 

f:id:llunoea:20200708214338j:plain


大企業の課長からカメラマンを任される

ただ平凡と毎日同じような仕事をこなす毎日でしたが、そんなある日のこと。

僕は品質保証課だったため、ほぼすべての部署の方が出入りする場所で仕事をしており、その日の休憩時間には総務課の課長も一緒でした。

 

そんな時に、パートのおばちゃんが

「ねえねえ聞いてよ課長さん、るのあくんっていっつも女の子の裸体ばっか撮ってるんですよ、オホホホ」

と盛大なジョークをかましてきたんすよ。

 

そんな訳ないじゃないですか!っと言って、いつも撮影してるポートレート写真を見せたところ

 

「るのあさん、カメラお上手なんですね。今度の全社発表大会のカメラマンやってもらえませんか?」

 

ん??

数千人も社員いるのに、僕でいいの??

 

冗談かと疑いましたが本気でした。

 

なぜ平社員をカメラマンに選んでくれた?

大企業の課長がなぜ僕をカメラマンに選んでくれたのか。

話を聞いてみると、カメラマンに選んでくれたポイントが何点かわかりました。

 

選んでくれたポイント

・課長もカメラを持っているが、人は撮ったことがない

・ポートレートをしていて、機材も豊富な人は大企業でも数少なかった

・僕が会社の行事によく参加していた

 

以上の理由もあり、選ばれたのだと思います。

やっぱり行事ごとに参加するのは大事!! 

最近の若い人ほど参加しないらしいから、参加したほうがいいことあるかも。

 

後日、発表大会で使用するSDカードもいっぱい支給されましたが、僕は画素数の少ないカメラを使っていたため1つで十分でした('ω')

 

www.runya.info

 

 当日は超スタッフ気どりで社長などの前に立ち、プロカメラマンばりに働きました。

数日後に全社へ配られた社内記事に僕の撮った写真が掲載されたのはとってもやり切ったって感じでしたね。

f:id:llunoea:20200708224735j:plain

会社でカメラマンをやって得た物

全社のお偉いさんが集う場所でのカメラマン。

当然、社長にも顔を覚えてもらうことができました。

 

そしてなにより、今まで話したことのなかった同じ会社の方たちが話題にしてくれることが増えました!

 

従業員が多い会社だと、社畜生活40年以上の中で一度も話さない人なんてザラ。

もしかしたら一生話さなかったであろう人とも仲良く話せる機会ができただけで嬉しかったです。

 

まとめ

カメラマンを一任された日から2年、今は違う会社で働いていますがしっかりと自分の写真をアピールしたため、会社のホームページに掲載する写真を担当させていただきました。

 

生産現場の社員なのにですよ!?

 

ようは、何事もアピールしていれば手の届きそうにないところにも届くんですよね。

僕の場合は偶然が重なったかもしれませんが、インフルエンサーや有名人もそのような方は多くいると思います。

 

自分の趣味は少しでもある方は、趣味を何かに繋げられないか考えてみるのもいいかもしれませんよ。

 

普段はポートレートを撮っています。

www.runya.info

 

モデルさんを探して一緒にポートレートしませんか?

www.runya.info