るのっぷ カメラblog

キャノン 6Dでゴドックスのストロボを使って趣味でポートレートを撮影しているカメラマンのブログ。

【ロケーション選び方のコツ】ポートレートの撮影をスムーズに!

前回の記事の続きです。

 

前回の記事では、モデルの探し方について話しましたね。

今回は、ロケーションポートレートをするための撮影地の決め方について話していきます。

 

 

どうも、るのあです。

趣味でポートレート撮影をしています。

 

 みなさん、外でポートレート撮影をする際に、どこで撮影しようか迷うことはありませんか?

「みんなどこで撮影してるんだろう・・・」

「ここって撮影していいのかな・・・」

 

そんな悩んでる方の参考になれるように、撮影場所の選び方のコツについて話していきます!

僕の選ぶ基準も載せていますので、ぜひ見ていってください。

 

・僕がよく選ぶロケーションのポイント

ざっくりですが、僕はこんな感じのロケーションを探しています。

 

・自然が多く、構造物もある程度多い

・構造物が多く、ごちゃごちゃしている

・人が少ない

 

・ロケーションを選ぶポイント

ロケーション選びにもいくつかポイントがあります。

最低限抑えておいた方がいいポイントを話しますね!

 

1 モデルさんのイメージとマッチしているか

撮影前の打ち合わせで、選んだロケーションをモデルさんに「この場所はどう?」って聞いた時に「私のイメージと合わない・・・」なんて言われたら嫌ですよね?

 

例えば、カメラマンが自然いっぱいのロケーションを探してきたけど、モデルさんは街中でかっこいい雰囲気で撮りたかった場合はロケーションを選び直さないといけなくなります。

 

そうならないためにも、まずはモデルさんとやり取りをしていく中で、以下のポイントをモデルさんに聞いておきましょう。

 

・どんなイメージで撮影したいか

・服装は?

 

イメージを聞いてからロケーション選びをした方が、お互いにいい作品が生まれますよ。

モデルさんのイメージがわかない場合は「柔らかいイメージのほうが好き?」とか、やんわりと聞いてみるといいですよ。

f:id:llunoea:20200607235321j:plain

←柔らかいイメージ         綺麗めなイメージ→

 

2 撮影許可の有無

ロケーションを決める際に撮影許可の有無をあらかじめ調べておくよ良いでしょう。

そのロケーションのホームページがあれば、お問い合わせページから連絡してみてください。

 

撮影許可を取る際は、以下の内容を送りましょう。

 

・撮影月日(何時から何時まで)

・施設のどの範囲で撮影するのか

・何人で撮影するのか(カメラマン・モデルそれぞれ何人か)

・どんな撮影をするのか(コスプレ・人物撮影等)
・三脚、ライティング機材の有無
・商用ではないことを言う(趣味程度の撮影という)

 

商用目的ではない場合は撮影許可を貰わなくてもOKのことが多いですが、万が一のことがありますので、不安であれば許可を取ることを推奨します。

三脚・ストロボを使用する際や、コスプレ・過度な露出をする際は必ず確認してください。

ルールを破る人がいた場合は最悪撮影禁止になります。

 

撮影許可の有無を簡単に調べる方法としては、ツイッターで検索してみるのもいいですよ!

3 撮影スポットが豊富

そのロケーションにどのような撮影スポットが存在するのか、インターネット上の写真を参考に見てみるといいかもしれませんね。

たとえば、白色の外壁があるといろいろな使い方ができますよね。

白い物は基本的に光が拡散しやすいので綺麗な光になります。

 

f:id:llunoea:20200705191627j:plain

 

ロケーションポートレートといえば緑!

太陽を味方につければ、いつでもどこでも綺麗な写真を量産できちゃいます!

緑があればとりあえず撮影できます。

おまけに、レンズの調整で虹も出しちゃったりして('ω')

 

f:id:llunoea:20200705191721j:plain

 

あとは、おしゃれな椅子や置物、面白い形の道等があると、撮影する場所が豊富になると思いますよ。

ロケーションを上手く選ばないとスポットが少なすぎて構図に悩むので気を付けましょう!
 

4 周りに他の施設がある

山奥の撮影を想像してみてください。

「喉が渇いたなぁ」「トイレに行きたい・・・」

→最寄りのコンビニまで車で15分だよ!

 

遠い!!

 

トイレに行くにも、撮影を一旦ストップして車に乗り・・・なんてことをやりたくないですよね。

もちろん、山奥じゃないとできない撮影もありますが、一般的な撮影は施設が整っている場所ですることをお勧めします。

そのほうがモデルさんも嬉しいはず!

 

僕の庭とも呼べる愛知県のロケーションはこちら

www.denpark.jp

 

最後に、僕の1番撮影している場所を紹介します。

いいところがいっぱい!

 

・自然も多く、オシャレな構造物も豊富

・どの季節に行っても楽しめる

・更衣室がある

・駐車場が無料

・撮影許可無しでストロボを立てれる

 

最後の項目が僕にとっては最高です。

電子チケットも販売していて、こちらで購入すると50円お得になりますよ!

 

※デンパークのチケット購入画面に飛びます。


 

デンパークの中にある小さなトンネルとかもいい感じに使えそうですね!

 

f:id:llunoea:20200705191831j:plain

まとめ

今回ご紹介したロケーションの選び方は、初心者に向けてです。

自分はもっとハードな撮影、人と違う撮影がしたいんだ!という方は廃墟などで許可を撮って撮影するのが楽しいと思います(実際めっちゃ楽しくてやばい)

 

廃墟撮影会もやったことあるのでその記事も予定しておきますね。

本当にデンパークはお勧めなので、愛知県や他の県の方も撮影しに来てくれると嬉しいです。(デンパークのおすすめスポットもまた記事にするよ)

 

 

次の記事はこちら。

撮影場所が決まったら、撮影イメージを作ろう!

www.runya.info